スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完結。『そらいろフラッター』に寄せて

こんばんは、おくらです。
毎日寒くてしょうがないですね。布団が愛しくてたまらないです


さて。

みなさんからの、予想以上のたくさんの声に、戸惑いと喜びを隠せないここ数日です。


今月24日、わがサイト『YellowParka』で連載していたWeb漫画、
『そらいろフラッター』が完結いたしました。

sora_illust_7.jpg

2009年からサイト『YellowParka』を始めて、その年に連載を始めているので、
まる2年は連載していたことになりますかね。

長かったような、短かったような…。
本当に、みなさん最後まで付き合っていただいてありがとうございました。


『そらいろフラッター』は、実は初め、更新頻度を上げてサイトのアクセス数を増やす目的で始めたものでした。
(もちろん、自分が描きたいように漫画を描こうって思ったのもありますが)
それがまさか、こんなにたくさんの方に読んでもらえるようになるとは、当初は思いもしなかったです。



まだ、この『そらフラ』の人物たちで描けることはたくさんあったと思います。

だけど、第2期(第8話~)を描き始めたあたりから、このお話の着地点を、ぼんやりと思い描くようになりました。
ノンケの先輩登場、先生の登場、女の子と付き合う能代…

そして、その着地点まで、物語を持ってくることができました。
だから、ここで終わろうと思いました。

連載、というかたちで、幾つもお話を描いたような気でいましたが、
終わってはじめて、「ああ、ひとつのお話ができたなぁ」と感じました。



思い描いたところへ着地できたというのは、連載作品としてとても幸せなことなんだと思います。

ちょっと極端な話かもしれないですが、もし自分になにかあって、突然描けなくなったりしたら。
そうなったら、始まって、進みだしていた物語は、行き場を無くしてしまいます。

自分がちゃんと描ける状態のうちに、終わりをむかえさせてあげる。
作品を大切に思えばこそ、そうしてあげたいと思ったんです。
(これはもちろん、『そらフラ』が無料公開のWeb漫画であり、生活がかかっているわけではないから、いえることなのかもしれませんが…)

そらフラ第3期(第15話~)に入ってから、自分の仕事が忙しくなったりして描けない日が続いたりすると、
そういうことをよく考えていました。


ずーっと続けていくことができたら、それはそれで「永遠」と言えるのかもしれません。

だけど、物語の世界が幸福でいっぱいのときに、包んで閉じてあげたら。
そしてそれがこの先も残っていけるのなら。
それも、「永遠」といえるんじゃないかなーと。思います。


完結して、ツイッター上で寄せられた感想の中に

「そらフラが永遠になってる」

ってツイートを見かけたんですが、これはどういう意味なのかはわかりませんが(笑)、
もし上に書いたような意味であったら。
『そらフラ』がみなさんの心のほんの片隅でもいいから、残ってくれたら。
こんなに嬉しいことはないなぁと思います。


何作か描いた番外編は、包んで閉じたその袋の中から取り出したものなので、
是非、本編と一緒に連れてってほしいなぁーと思います。

またこの先なにか取り出すかもしれないしね(笑



長くなった上に変な話してしまいました。。
ド素人がなにを知ったようなこと言ってんだアホゥと思われても仕方ない内容…


ともかく、本当に、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

また、なにか別の作品を描く機会には、またお付き合いいただけたら嬉しいです!




いろいろと『そらフラ』の裏話とか制作秘話とか描こうと思ったんですが、
また別の記事にしますかねー…
連載終わったのに『そらフラ』関連の記事書くのもなんか…でもいいか(笑

ひとつだけ、こだわりポイント暴露します。(たいしたことないネタですけど)


【四角枠で囲われたフキダシのモノローグは、全て能代の台詞】

なんです。
ってほんとにそんな暴露ってほどのものではないんですけども

sora15_18_sample.jpg

つまり四角い枠のフキダシでモノローグしゃべるのは、能代だけにしていました。
全体的にこの物語が、“能代目線”で進むことを印象づられるかなーって思って、統一していたんですが
どうだったんでしょうね(笑
自己満足なこだわりです(笑
気づかれていなかったら、むしろ嬉しいですね!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2年間本当にお疲れさまでした!
じつは連載当初からよんでました。

自分の高校生活開始と共に始まり、卒業と共に終わっていく感じがじーんと来ます。

大ちゃんがかわいくて、こんな子がリアルでいたらいいのになーって思ってました。

そうしたら先日僕にも大ちゃんたちと似た状況がありました。

彼ら同様辛いこともあったけど、いまは彼らみたいにお互いを理解しあえる仲になれました。

今思うと僕の高校生活は
「そらいろフラッター」と共にありました。

僕の大好きなそらフラがこれから先もずっとずーっとみんなから愛されることを祈っています。

今までありがとうございました。
これからも頑張ってください!
よろしくお願いします!

2年に渡る連載、本当にお疲れ様でした☆
2年前にそらフラに出会って、そらフラの更新を楽しみにしていた自分にとって
物語が完結してしまうのは寂しい気もしますが、素敵な物語が素敵なまま閉じてもらえたことは、
一ファンとして本当に嬉しく思っています。

ちなみにこのそらフラのおかげで空色が好きになりましたw
澄んだ青空の色を見ると、吸い込まれるようでどこかときめくような、でもそれに届かなくて切ないような、
そんな気持ちになる自分がいます。
空って偉大…(´・ω・`)

まぁ何はともあれ、こんな素敵な作品を描いて頂き、素敵な気持ちにして頂き、
本当にありがとうございました!!感謝です。

感想

僕が『そらいろフラッター』と出会い、読み始めたのは今年の10月くらいからでした。
いわゆる後発組だと思います。
読んでいくにつれ、ドンドン作品に引き込まれ、最終的には熱烈な能代ファンとなっていました。

スピンオフ作品との「つながり」や能代目線で語られていくフキダシ等、こだわりも随所にあって、
繰り返し読んでいくと新しい発見や解釈があると思います。

気になったのが『そらいろフラッター』というタイトルに込められた意味です。
"フラッター"は調べたところ「風や気流のエネルギーを受けて起こす衝動」とからしいですが、
これは能代の揺れ動く心境を表しているのでしょうか。
(もしすでにどこかで解説等されていたらすいません)

とにもかくにも、こんなにもキャラクターを愛し、物語を愛することができた作品は初めてでした。
おくらさん、ありがとうございました&お疲れさまでした。

長文失礼しました。

ありがとう

昨年9月頃にそらフラに出会い、そして、本当に引き込まれました。

ゲイって少し恋愛の状況が回りと違うけれど、この作品を読んで、
これでいいんだ、と思え、また大切な人をもっと大切に想えるようになりました。

正直な気持ちですが、完結してしまうのは、生活の一つの楽しみが減ってしまったような、すこし心に穴が空いたような感じです。
でも、きっともう一度戻ってきたいとき、また何度も何度も読み返してしまうと思います。一つ自分の帰る場所を見つけたのかもしれません。


おくらさん、ありがとうございます。
これからも、少しずつ、いい作品を生み出していってくださいね!
影ながら、応援しています。

♪大祐さん

2年間、お付き合いいただいて本当にありがとうございました。
高校生活に「そらいろフラッター」をお供させていただけたこと、とても嬉しいです!

辛いことを乗り越えて、楽しいことを共有して、そうやって関係ってできていくのかもしれないですね^^
2人だけの関係が。

自分の描いたものが「大好き」と言ってもらえるなんて。本当にありがとうございます!描いてよかったです。

これからも、『そらフラ』共々、よろしくお願いします!

♪モンさん

2年間、本当にありがとうございました!
自分も、毎回新しい話をUPするのが楽しみで、ワクワクしていた毎日でした。
完結は自分も寂しいですが、終えられたことにホッともしています。

空、いいですよね^^自分も好きです!
澄んだ青の色は、『そらフラ』のイメージカラーだったのかもしれないですね。

今後も引き続き、『そらフラ』ともども、よろしくお願いしますね!

♪ソラトさん

ありがとうございます!
繰り返し読まれると、最初のほうの絵がヘタクソで恥ずかしいですがw、
でも、本編で描ききれなかったエピソードや、あえて描かなかったエピソードや設定なんかもあるので、そういう部分も想像したり思いを馳せてもらえてりしたら、とても嬉しいです。

「心臓の鼓動、どきどき」っていう意味で、「そらいろ」と合わせて語感がよかったのが「フラッター」という単語だったので、この言葉にしました。
最終話で、能代が
「真田にドキッとする瞬間はいつも、澄んだ青空の色に染まっている」
と言っていますが、この気持ちを表す言葉だと思っていただければいいかなーと。

自分も、この作品の人物たちのこととても好きなので、そう言っていただけると本当に嬉しいです!
これからも、みんなをよろしくお願いしますね^^

♪ヒロシさん

わああ…本当にありがとうございます!
何が間違いで何が正しい、なんていうのは、誰にもわからないんだと思います。
大切だと思える人がいるというのは、素敵なことですよね^^

こんな漫画でもよければ、いつでも『そらフラ』を読みにきてください!

また、こんなふうに言ってもらえるようなものを作りたいと思います。
応援、よろしくお願いします^^

物語っていつかは終わりが来るものですが
最終話を読んで、完結したはずなのに
なんだが終わりじゃないような気持ちでいっぱいです。

何いってるか自分でもよくわかってないんですけどね(笑)

連載お疲れ様でした。
心がほっこりする素敵な物語、読めた私は幸せです。

素敵な物語でした

遅くなってしまいましたが連載お疲れ様です。

あまりうまい感想は言えないのですが、自分はそらフラを読み始めたころから、能代にはゲイとかストレートとかいったラインわけにとらわれない存在になってほしいなと思っていたので、最終回の能代のモノローグにじんわりと感動してしまいました。
この先能代と真田の関係がどう変わったとしても、2人の間で感じたことや経験したことはお互いの中に佳いものとして残っていくし、もっと大げさにいえば、大人になった能代が別の同性愛者の人と出会ったときにどういう風に接していくかとか、大人になった真田がゲイである自分をどうとらえた上でストレートの人々と接していくのか(ヒデのようにカミングアウトするかしないかにかかわらず)、ということも、この2人の関係がつくっていくんだろうなぁ・・・と勝手に想像しています。(やっぱりうまく言えずすみません笑)

とにもかくにも本当に素敵な作品を読ませていただきました。


今後もイラストでも、新連載でも、おくらさんの作品を楽しみに待っています♪(^_^)/

お疲れ様です

連載おつかれさまでした。

自分は8月位から読み始めました。
最初はBLが読みたかっただけでしたが
読んでいくうちに物語自体に引き込まれてしまい
そらいろフラッターの虜になってしましました
なので終わってしまうのが少し寂しいです

自分は周りと違うことに少し抵抗があり、
自分の気持ちを伝えることができませんでした。
この作品に出会って自分の気持ちに素直にならなくちゃと思えました。
結果は振られましたが、伝えられてよかったです。

最後の能代の言葉、すごく胸に来ました。
そらいろフラッターに出会えてよかったです。
おくらさんの新しい作品に期待です。

長文すいませんでした。

ありがとう。

そらフラと出会って、最初は「なんだエロなしか…」とか考えてた自分が恥ずかしいです…w
どんなエロよりも、興奮してドキドキする時間がそらフラにはありました。
自分が自分自身のセクシャリティーに気づいたのは、
中学時代で、能代や光のような青春真っ只中のころは
純粋な恋愛なんて全くしてなくて、悪いことばかりしてました…w
そらフラが更新されていく度に、「あの時、こんなキラキラした青春が送れていたらなあ」
と後悔と憧れの気持ちで毎回見ていました。

能代や光のように、純粋な同性の恋愛を送れていた人って
どれくらいいるんでしょうか…
彼らとは真逆にいる若い子たちのお話も
お暇があれば描いてほしいです!

最後になりましたが、
2年間連載お疲れさまでした!
またHP拝見させていただきます(・∀・)!
ありがとうございました。

♪ホルトさん

>完結したはずなのになんだが終わりじゃないような気持ちでいっぱいです。

これは、すごく嬉しいことなのかもしれない…。
物語は終わりだけど、能代や真田や他の登場人物たちにはまだ未来があります。
人物たちのその先に思いを馳せてもらえるならば、作者冥利に尽きるのかもしれません。

本当にありがとうございました。
読んでもらえた自分も、本当に幸せです!

♪屋根冠 郵便さん

ありがとうございます!
最後までお付き合いいただいて、本当に嬉しいです。

描いていくうちに、ゲイとかノンケとか、そういう話でなくて、人と人の話だなぁと思うようになりました。
恋愛をどう描くか、ではなく、能代と真田という2人の人物の関係をどう描くか。
当たり前のことですが、きっと別の人物だったら、別のお話になったと思います。
2人のこの先も、いつか描く機会があるのなら、もう一度向き合ってみたいですね。

いつも書き込みありがとうございました^^
これからもよろしくお願いしますね!

♪おきらぶさん

ありがとうございます!

自分、BLはほとんど読んだことないので、自分の漫画がBLに属するのか実はよくわからないですが(笑

素直にならなくちゃいけない、ということはなくて、
自分で納得できるということが大事なんじゃないかなぁと思います。
本当のことを言わない、というのもひとつの立派な選択ですし^^

『そらフラ』が、モヤモヤした気持ちを晴らすひとつのキッカケになれたのなら、嬉しいです!
台詞が、心に残ってくれる、というのも本当に嬉しいでことです…!

これからも是非、応援よろしくお願いします^^

♪poroさん

「エロなしゲイ漫画なんて読んでくれる人いるんだろうか…」
そう考えながら始めた連載が、報われる言葉です…!ありがとうございます!^^

このお話は、ゲイと無縁だったおくらの憧れでもあるので、同じ気持ちで読んでいただけていたというのは本当に嬉しいです。
今の高校生の子たちは、どんな恋愛事情なのかな、自分の考えってもう古いのかな…という心配とともに描いてましたが、現役学生の読者の方からの声を聞く限り、今も昔も根本部分は一緒なのかな?とも思いました。

彼らと真逆、というのがどこなのかわからないですが、
次になにかを描くとしても、自分は例え辛くても前向きになれるお話を描いていきたいなと思っています。

これからも、よろしくお願いします^^こちらこそ、本当にありがとうございました!

約半年前にサイトめぐりして見つけたこの「空色フラッター」は一週間に1回くらいの頻度で「更新してるかなー?」って覗いてたりしてたんですが終わっちゃうと思うと本当に切ないです。
でも、トップページの大団円イラストに描かれていた空色フラッターに出ている大好きなキャラ達やその世界はずっと永遠に続くものと分かってホッとしました。

上手くは言えませんが、この漫画に出会えて本当に良かったです。

この2年間本当にお疲れ様でした。 

♪アオパンダさん

ことらこそ、読んでいただいて本当にありがとうござました。
自分もこの漫画を描いているのが楽しい時間であり癒しのような時間でもありました。
でも、ここまで物語を持ってこれたことに、終わりを迎えられたことに、ホッとしています。

読んでくださった方々の心に残る作品になれたのなら、本当に嬉しいです。
是非、人物たちみんなを一緒に連れて行ってください!笑

ありがとうございます、これからも、よろしくお願いします。

ありがとうございました

ちょくちょくお邪魔させて頂いていました。終わっちゃったんですね。少しショックでしたが、ハッピーエンドでとりあえず納得。これからのますますの活躍を応援しております。

♪ながひろさん

ちょくちょく覗いていただいていたみたいで、ありがとうございます^^
おかげさまで終わることができました。今後もこのお話を好きでいてもらえたら嬉しいです。
今後もがんばります!どうぞよろしくお願いします~

ありがとう、ございました

おくら先生こんばんわ(*´ー`*)綾です。空色フラッター読みました。是非単行本が欲しいなって思いました♪正直もっと空フラ読みたいです(*´-`)あんなに読むだけで幸せな気持ちになれるマンガを書く先生はすごいです。一番好きなキャラクターがヒデなんですがあんなひとと僕付き合いってキュンてしました(*^^*)このマンガをよんでゲイ、バイで自分があることに対する気持ちに後悔や苦しさが晴れた気がします。先生のおかげです。空フラみたいな学生のマンガをまた書いていいただきたいです。

♪綾くんさん

こちらこそ、読んで気に入ってくれたことに感謝感激です。
イタリアで単行本化は決まっていますが、日本でも形にはしたいと思っていますので、そのときはお知らせします!
自分の漫画で何かを考えたり感じたりしてもらえるというのは、とても嬉しいですね。
またそんなふうに思ってもらえるような作品が生み出せるように、がんばります!
プロフィール

おくら

Author:おくら
ポンコツ漫画描き。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。